手づくり豆えほんやら「マメカバ本舗」
手のひらサイズの小さな小さな「豆えほん」を作って売ってる、 小さな小さな出版社(?)です。

プロフィール

かばさま

Author:かばさま
作家さん 一人ひとりの
自由な発想と個性豊かな
オリジナルの創作豆えほんを
一冊 一冊 心を込めて
ていねいに手づくり
しています。
豆サイズでも ストーリーや絵、
製本技術は本モノ。

ご自分のコレクションや、
大切な方へのプレゼントにも
ぴったりです♪

今後も楽しくてかわいい〜
オリジナル豆えほんを
作っていきます。
どうぞ、お楽しみに♪

また 作家さん(えほん原稿)も随時募集中です。

詳しくは、
こちらのサイトまで!!
手づくり豆えほんやら
「マメカバ本舗」



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



鎌倉市の絵本店「syoca」さんで展示販売〜♪(更新)

【手づくり豆えほん】フェア
はじまります!


12006241_939708306075660_7997943989819342508_n.jpg

ご縁があって、鎌倉市の絵本店「syoca」さんにて
マメカバ本舗の展示販売を開催させていただくことになりました!
ハロウィンの本日より16日間、11月15日までです。

syocaさんのご紹介】※HPより引用。

syocaは、江ノ電の長谷駅を降りて3分ほどの場所にあります。近くには大仏や長谷寺もあり、目の前はバス停「長谷観音前」です。
子どもだけでなく、大人も楽しめる絵本をご紹介しながら、「お気に入りの絵本がある風景」をイメージしてもらえるように、表紙を見せてディスプレイできる本棚と小さなロフトのあるお店にしました。

syocaという名前
絵本や本との新しい付き合い方を考えていきたい、という思いを込めて、本棚という意味の書架(しょか)からつけました。

これからも手触りと形のある絵本のすばらしさは変わらないと信じて、絵本や本との付き合い方を考えつづけていきたいと思っています。

他にも本棚やマガジンラック、ブックエンドなどといった「本のための家具」や、本と一緒に楽しみたいアイテムも選んでお買い物ができます。

※写真をsyocaさん撮影分と差し替えました。
DSC05183.jpgDSC05181.jpgDSC05180.jpgDSC05177.jpgDSC05179.jpg

 * * * * * * * * * * * * *

イベントでは、豆えほん全26作品はもちろん、
かんたん豆本9種類、オリジナル鉄ブックスタンド、
木製の豆本棚もあります!
すべて見本がありますので、手に取ってじっくり楽しんで
選んでお買い物ができますよ〜♪

P6120026-2.jpgP6130015 2150521_0949~04

そして店内では、近隣在住作家さんを紹介。
今回は「花うさぎのタネ」作者で藤沢市在住の
みわかなこ さんコーナーを併設しています。
原画と、いろんな花うさぎグッズが楽しめますよ〜。
※写真は、今年のGWにトムズボックスで展示された時のものです。

150427_1415~04

また、みわさんのイベント「音色(ねいろ)の発表会」も
11月13日(金)〜15日(日)まで、ギャラリー669にて開催されます。
詳しくは、みわかなこ さんのHPをご覧ください。

 * * * * * * * * * * * * *

【今後の予定/展示・販売】
11月7日(土)〜閉店まで:トムズボックス(武蔵野市吉祥寺)
「お世話になりました展示販売」※延期になりました。

常設展示中:あぜのまち絵本美術館(福岡県福津市畦町)
「豆えほんの時間2」

【今後の予定/ワークショップ】
11月15日(日):書斎りーぶる(福岡市中央区天神)
「りーぶる で 豆製本体験」※年内最後です。

11月19日(木):カフェゆるり(北九州市八幡東区春の町)
「ちょい大人な豆本ワークショップ」

11月22日(日):魔法使いのマルシェ
(マイヅル味噌味噌蔵、福岡市西区姪の浜)
「かんたん豆本ワークショップ」

11月28日(土)・29日(日):門司港レトロ海峡プラザ
(北九州市門司区港町)
「豆えほん展示販売&かんたん豆本ワークショップ」

12月20日(日)・23日(水・祝):書斎りーぶる(福岡市中央区天神)
「クリスマス豆本づくり(仮)」

皆さま、よろしくお願いいたします!!



スポンサーサイト

11日は畦町宿祭り!「ちょい大人な豆本WS」も開催!!

行楽の秋ですね♪
マメカバ本舗の豆えほんが楽しめる「あぜのまち絵本美術館」は、
福津市畦町の旧唐津街道沿いにあります。

その唐津街道で、10月11日(日)
【第3回 唐津街道・畦町宿祭り】
が開催されます!


2015畦町宿祭り12015畦町宿祭り2

畦町宿(あぜまちしゅく)とは。
 江戸時代、唐津藩、福岡藩の藩主が参勤交代で通っていた唐津街道の宿場町跡です。
 大半の家は新しくなっていますが、建築後100年をはるかに越える古い家もいくつか残っています。
 この近くには、豊臣秀吉がこの地を訪れたときに水を飲んだとされる「太閤水」の井戸もあります。

※福津市地域生活部 商工観光課のサイト「ふくつのじかん」より流用。

そんな宿場町だったころの賑わいを、今の時代に感じて楽しんでもらおうと「唐津街道畦町宿保存会」主催で今年も開催されます。
特設ステージでの音楽会や、たくさんの個性的な手作り作家さんのお店、福津の新鮮な野菜や物産で盛りだくさんのお祭りです。
こちらをクリックすると、昨年の様子を見ることができます。

あぜのまち絵本美術館では、
・マメカバ本舗「ちょい大人な豆本」
・銀のめぐみ「ガラスの絵の具で絵を描こう!」
2つの面白いワークショップが体験できますよ〜〜♪


ちょい大人♪豆本WSチラシ

また館内では好評♪「豆えほんの時間2」豆えほん作品の原画展示をはじめ、
10月4日からはじまった、絵本「たんぼのかあさん」あきづき みか原画展も楽しめます。

150927_1623~01150927_1624~03150927_1624~04150927_1624~01150927_1636~01

さらにさらに。
【あぜ絵美特製オリジナル・豆ノート】
を数量限定販売します!

マメカバ本舗と銀のめぐみコラボによる、スペシャルな豆ノート。
童画家・館長の田中時彦氏が描く、かわいい動物キャラが立体化された表紙。
もちろん手作りの1点ものです!
また田中館長自らによる、直筆の「なにか」が1冊ずつに描かれています。レアものです。
来館記念のお土産に、贈り物などにピッタリの品です。

151004_1334~01 2151004_1335~04

楽しみいっぱい!美味しいものもいっぱいの畦町宿祭りへ
ぜひ、足をお運びください〜♪

※前日の10日(土)は、夜7時くらいから「灯籠前夜祭」が行われます。
今年は紙灯籠が街道沿いに並び、幻想的な時間を楽しめます。
あぜのまち絵本美術館も、ちょっとだけ開けている、かも?(^ ^;)




動画スペシャル!?の巻(^0^)

イベントや、ワークショップを開催する中で、
ちょこちょこ動画を撮っていただく機会がありました。
そこで今回は、皆さんにご紹介!!

まずは「おこりんぼマーシャ」と
「おわかれ電車」の紙芝居動画!!


今年の4月18日と19日に、福津市津屋崎で行われたお祭り
「よっちゃん祭」に参加した時に披露されたものです。

1日目は、会場を手配していただいた津屋崎ブランチの
山口ミカさんが、お一人で伴奏と効果音、語りのすべてを担当。
それはまるで某俳優さんの独り芝居を観ているよう。

2日目は作者ご本人が語り部に。
「おこりんぼマーシャ」は、なおこBMさんと、夫のケリーさんによる
夫婦バイリンガル紙芝居です。マーシャは英語版も出ているのですよ。
「おわかれ電車」は、文を少し担当した、かわばたが語り部に(^ ^;)

楽しい音楽と効果音、会場の古民家の雰囲気も合わせて、
とても素敵な紙芝居の時間となりました。

こちらをクリック↓
おこりんぼマーシャ・1日目
おこりんぼマーシャ・2日目(バイリンガルvr)

こちらをクリック↓
おわかれ電車・1日目
おわかれ電車・2日目(かばvr)

150418_1410~01-2
150419_1407~01-2
150418_1359~01-2


お次は、かわばたが個人的に参加している、とある動画クラブの部活メンバーが撮影。
「ひまわりのびっこクラブ」の皆さんが、かんたん豆本を体験した様子です♪

さらにさらに、クラブの皆さんは豆えほんの製本体験にも参加!
いつもの製本体験とはかなり違った、賑やかな体験風景が見られますよ!

こちらをクリック↓
マメカバ本舗の豆絵本を作ってみた
150818_2034~01

こちらをクリック↓
ひまのび人形劇「魔法使いのマルシェ」

こちらをクリック↓
魔法つかいたちが豆本製本に挑戦!!
150913_1356~01
150913_1628~01


こんな感じで、今後もなにかしら、動画をご紹介する機会も増えると思います。
ゆくゆくは動画コーナーをちゃんと設けて、ご紹介する予定です。
よろしくお願いします~(^0^)